北仲千里

(きたなか ちさと)

 

1967年 和歌山県新宮市生まれ

1998年 名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了

現職 広島大学ハラスメント相談室 准教授   専門 社会学 とくにジェンダー論

1997年ごろより「キャンパス・セクシュアル・ハラスメント全国ネットワーク」設立にかかわる

その他 現在 NPO法人「全国女性シェルターネット」代表理事・共同代表

NPO法人「フェミニストサポートセンター・東海」理事

NPO法人「性暴力被害者サポートひろしま」代表理事

広島市男女共同参画審議会委員

 

主な著作など

・共著書『キャンパス・セクシュアル・ハラスメントー調査・分析・対策』1997年

渡辺和子編 啓文社

・「セクシュアル・ハラスメント対策の制度化がもたらすもの」1998年

『名古屋大学社会学論集第19号』pp.39-64

・「セクシュアル・ハラスメント調査の現状」共著(共著者 高島智世)2000年

                    『名古屋大学社会学論集 第21号』pp35-60

・「大学/学校におけるセクシュアル・ハラスメント--概念、その構造と対策」

                   2001年『季刊教育法128』エイデル研究所

・「ロバート・コンネル『ジェンダーと権力』」『フェミニズムの名著50』江原由美子・金井淑子編

 平凡社2002年

・『DV防止とこれからの被害当事者支援』(203-209頁) 戒能民江編 ミネルヴァ書房2006年

・共著『Q&A 男女共同参画/ジェンダーフリー・バッシング』 日本女性学会ジェンダー研究会 編

  明石書店 2006年

・「第8章 悩む DV、ストーカーとジェンダー」『ジェンダーで学ぶ社会学 改訂版』伊藤公雄・牟田和恵 編 世界思想社2006年

・共著「ドメスティック・バイオレンス対応に関する弁護士向け研修プログラムの作成」『法と実務7』日弁連法務研究財団編 2008年5月

・「キャサリン・マッキノンの『働く女性のセクシュアル・ハラスメント』」『社会学ベーシックス5 近代家族とジェンダー』伊藤公雄ほか編 世界思想社 2009年12月

・フィールド・ノート「あらゆる性別を包括するドメスティック・バイオレンス政策への課題」

『Gender & Sexuality』第5号 国際基督教大学ジェンダー研究所ジャーナル2010年3月

・事典「女性に対する暴力」『社会学辞典』井上俊ほか編 丸善 2010年6月

・「大学におけるハラスメント、大学ができること、すべきこと―広島大学の取り組み」『季刊教育法 167号』2010年12月エイデル研究所

・事典「セクシュアル・ハラスメント」『現代社会学事典』弘文堂 2012年

・「第3章 男性性研究はジェンダーに基づく暴力をどこまで読み解いたか」『身体、性、生―個人の尊重とジェンダー』杉浦ミドリ・建石真公子・吉田あけみ・來田享子 編著 尚学社 2012年

・「ハラスメントとジェンダー」(見開き2ページ)『よくわかるジェンダー・スタディーズ―人文社会科学から自然科学まで』木村涼子・伊田久美子・熊安貴美江編著 ミネルヴァ書房 2013年

・「ハラスメントの被害と支援そして大学に根を張るハラスメント」『現代思想』青土社2013年

・YUKAWA Yayoi, KITANAKA Chisato, YOKOYAMA Mieko, "Authorship Practices in Multi-Authored Papers in Natural Sciences at Japanese Universities" ,IJJS (International Journal of Japanese Sociology) (2014) Number23(pp.80-91)

・「ハラスメントを生み出す大学・研究の場の構造」『ジェンダーと法』11号2014年日本加除出版

・「台湾とマレーシアにおけるDV被害者支援の現状と課題:何が制度を機能させるのか」アジア女性研究 第25号(KFAW) 2016年3月p.37-55(共著者 井上匡子・清末愛砂・松村歌子・李妍淑)

・「科学論文における「不適切なオーサーシップ」調査に関する比較研究」(共著者:横山美栄子)『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』第2号 2016年3月 p.75-86

・『アカデミック・ハラスメントの解決』寿郎社 横山美栄子との共著2017年8月

・事典『社会学理論応用事典』(項目執筆「親密性と支配」) 丸善出版 2017年7月

・「アジアにおける「ジェンダーに基づく暴力」の実態と対策―アジア・シェルターネットワークによる調査から」『国際ジェンダー学会誌』15巻, pp.31-pp.53, 2017年12月

・「日本における「ジェンダー化された暴力」対策を考える」『女性学』25巻, pp.15-pp.23, 2018年3月

・「キャンパス・ハラスメント・スキャンダルからみる大学のこの頃」

『現代思想』2018年10月号 特集=大学の不条理 青土社

・「東海地域の大学におけるLGBT施策調査結果報告」『社会科学研究』39(2) 77-104   2019年3月

(中京大学社会科学研究所) 共著者:風間孝・藤原直子 など

令和2年度フレアキャンパス講座

当講座は、県立総合大学校「まなびーあ徳島」男女共同参画学部の主催講座です

受託者:特定非営利活動法人 徳島の働く女性を元気にする会

受託者: